神経痛薬 飲み方

MENU

神経痛に効果のある薬の効果的な飲み方と副作用について

神経痛薬 画像

ここでは医師などから処方される医薬品を除き、
神経痛に効果を発揮する市販薬やサプリメントの
飲み方や注意点について説明していきたいと思います。

 

市販薬の場合、効果が弱いと思って副作用などについて
あまり考えずに飲んでいる人も少なくないと思います。

 

しかし、せっかくつらい神経痛の症状を改善させるために
飲む薬なので、不要なトラブルなどを引き起こさないように、
しっかりと基本的なポイントを抑えて、上手に薬やサプリメントと
付き合っていくようにしましょう。

 

 

効果的な飲み方

 

これは神経痛の薬に限ったことではありませんが、医薬品として
指定されているものに関しては、必ず指定された用法用量を
守って飲むようにして下さい。

 

効果を感じられないからと飲む量を増やしてしまったり、間隔を
短くすると内臓器官に負担がかかったり、思わぬ副作用が出る
可能性もあるのでご注意下さい。

 

サプリメントについては、摂取目安量は定められていますが、
飲み方や飲むタイミングなどは基本的に自由とされています。

 

過剰摂取を控え、水やぬるま湯などで飲むことを基本とし、
自分のライフスタイルに合わせたタイミングでお飲み下さい。

 

 

サプリメントの場合、神経痛の痛みを即効で解消するなどという
作用はほとんどなく、根本的に神経痛が起こらない体づくりを
サポートしたりするものが中心となっています。

 

そのため、効果をしっかりと得るためには長期的に継続することが
最も重要なので、安心して毎日飲むことが出来るものを選ぶようにしましょう。

 

 

鎮痛剤の多用に注意

 

市販の鎮痛剤などを痛みを感じた時の対処として飲んでいる人も
多いようですが、連続して飲んでいると感覚が麻痺してくること
などもあり、服用量が増えていく可能性があります。

 

それ程作用が強くない鎮痛剤でも、常用すると胃痛や頭痛などの
トラブルを起こす可能性があるので、注意が必要です。

 

あまりにも痛みが続くようであれば、医療機関を受診するようにし、
適切な薬を処方してもらうようにして下さい。

 

 

神経痛緩和薬やサプリメントの副作用について

 

アレルギー体質の方

 

コンドロイチンやグルコサミンを配合しているサプリメントが
多くありますが、それらのほとんどはエビやカニなどの甲殻から
抽出されています。

 

そのため、それらにアレルギーを持つ方は摂取を控えるように
注意して下さい。

 

他にも、成分名からだけでは何を由来としているものなのか
判断出来ないような成分もありますので、食物アレルギーを
お持ちの方は事前に原材料をしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

妊娠、授乳中の方

 

サプリメントに関しては、多くが天然由来成分で出来ているもの
ばかりということもあり、妊娠授乳中の飲用を禁忌としていない
場合が多くあります。

 

ただし、特に妊娠初期などは体調が崩れやすく、デリケートな時期
でもあるので、出来るだけ自己判断せず、担当の医師にご相談の上、
お飲み下さい。

 

 

通院治療中の方

 

医療機関に通院中や治療中の方、また処方された医薬品を服用中、
特定成分の摂取制限を受けている方は、サプリメントなどを
飲む前に必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

 

 

神経痛 薬 ランキング

関連ページ

神経痛に有効な薬やサプリメントに配合される成分について
神経痛を予防、改善する効果がある医薬品やサプリメントがあります。こういった神経痛薬やサプリには、具体的にどのような有効成分が含まれていて、どんな効果・効能が得られるのでしょうか?詳しくご紹介しています。