神経痛 改善

MENU

神経痛を改善するために出来ることは?治療法について

神経痛 画像

神経痛になってしまった場合には、どのような方法で
改善することが出来るのでしょうか?

 

ここでは、様々な神経痛の中でも、特に発症することが
多いとされる坐骨神経痛の治療方法を中心に、
神経痛の緩和や改善について紹介したいと思います。

 

 

医療機関等での治療方法

 

投薬治療(薬物療法)

 

医療機関での神経痛の治療は薬物治療が基本です。使われる薬には
次のようなものがあります。

 

外用薬

湿布や塗り薬など炎症や痛みを外から抑えるものです。

 

消炎鎮痛剤

外用薬と同様の働きをして、体の内側から痛みや炎症を和らげる
薬物です。

 

ビタミンB12

体への負担や副作用が少ないことから注目されています。

 

神経組織を正常化する働きが期待出来ますが、どの程度
効果があるかなどははっきりとわかっていない状態です。

 

その他、筋肉の緊張を和らげる筋弛緩剤や血流をよくする
プロスタグランディンなどが処方されることもあります。

 

投薬による治療はもちろん医師の指導によるもので、飲む期間や
量の調整はすべて医師が経過を見ながら行われるので、決して
自己判断で飲むことをやめたりしてはいけません。

 

 

神経ブロック、外科的治療

 

痛みのある筋肉部位などの直接麻酔薬を注射するトリガーポイント
などの麻酔医によって行われる神経ブロック治療や、手術などの
外科的治療が用いられることもあります。

 

 

鍼灸療法、理学療法

 

理学療法士の指導で行う、体の働きを正常にするための運動治療や
鍼、灸などによる治療も併用されることが多くあります。

 

痛みの緩和にはツボマッサージなどがかなり効果があるとされて
おり、痛みが弱い状態の時には整体治療も有効です。

 

神経痛は激しい痛みが取れた後も長引くことが多く、理学療法で
じっくり取り組んでいくことになる場合が多いようです。

 

 

自分で出来る改善、緩和方法

 

運動、入浴

 

神経痛の種類や症状の重さにもよりますが、軽度の運動は
神経痛の改善に効果を発揮すると言われています。

 

姿勢のゆがみや筋力の低下や収縮は神経痛を悪化させる可能性が
高いため、ストレッチやラジオ体操、ウォーキングや水中散歩
などが特に有効だとされています。

 

適度な筋肉がなければ姿勢を保つことも出来ず、慢性的な
神経痛を患ってしまいがちです。

 

ただし、痛みやしびれがある場合や急激な運動は症状を悪化させる
可能性が高いので注意が必要です。

 

 

また、急性の神経痛や症状が出始めたばかりの痛みが強い時期を
除いて、体をあたためることが有効だと言われているので、
入浴などで体のめぐりをよくすることが勧められています。

 

 

食事や栄養補給

 

不足することで神経痛を引き起こしたり、悪化したりすると
考えられているコンドロイチンやグルコサミン、コラーゲンなどの
補給も重要です。

 

また、血液のめぐりをよくするビタミンA・C・E、EPAやDHAも
有効なので、緑黄色野菜やゴマ、ナッツ類などがおすすめです。

 

薬物療法でも使用されるように、ビタミンB12も神経痛に効果を
発揮します。末梢神経が受けた傷やダメージを修復する効果が
あるので、神経痛の痛みの緩和に有効です。

 

ビタミンB12を含む食べ物は、レバーや貝類、青魚が代表的です。

 

その他、体をあたためる効果のあるネギ類やショウガなどを
積極的に摂りいれ、アルコールや刺激の強いものは適度な量に
抑えるようにしましょう。

 

 

神経痛 薬 ランキング

関連ページ

神経痛の原因とは?関節痛とはどう違うの?
辛い神経痛、一体なぜ発症するのでしょうか?神経痛の原因について詳しくご紹介しています。また神経痛と関節痛の違いについてもご紹介しています。
神経痛を予防するには?生活習慣が影響するって本当?
神経痛を予防するには、どのような方法があるのでしょうか?生活習慣が大きく影響するという話もあります。詳しくご紹介しています。