神経痛 予防

MENU

神経痛を予防するには?生活習慣が影響するって本当?

神経痛 画像

神経痛は様々な要因から引き起こされます。そのため、
予防に効果的とされることも多岐に渡ります。

 

ここでは、疾患や怪我を直接的な原因とする神経痛以外の
予防に効果があると考えられることを紹介します。

 

ですので、すでに神経痛の症状が出始めている人も
予防したい人も参考にしてみて下さい。

 

 

神経痛と関係のある生活習慣

 

姿勢

 

神経痛は血行など体の循環が大きく関わるため、長く同じ姿勢で
いたり、無理な姿勢を取り続けているとよくないと言われます。

 

また、体のゆがみからも坐骨神経症などが起こりやすいので
座る時に足を組まないなど、姿勢を正して程よくリラックス
出来る姿勢を保つことが基本です。

 

 

ストレス

 

強いストレスを感じると、交感神経が働き筋肉が緊張したままの
状態になってしまい、体を休ませる働きが出来なくなってしまいます。

 

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、体のあらゆるところに
影響が出て、不調をきたします。

 

心因性の神経痛もあり、それらは少ないケースではないと言われて
いるので、ストレスを抱えすぎないように、生活のスタイルや
環境を整えることも大切です。

 

 

アルコール

 

飲酒が必ずしも神経痛を引き起こしたり悪化させるというわけでは
ありませんが、特に飲みすぎや常飲は要注意です。

 

アルコールに含まれるアセトアルデヒトという成分は、吐き気を
引き起こしたり、二日酔いの原因となるものですが、その成分が
神経痛を悪化させると考えられています。

 

関節付近の細胞などから内部に侵入することで神経を刺激し、
痛みを発生させます。

 

アセトアルデヒトを分解出来る能力は人により差があるため、
どれくらいの量ならば問題ないかということは、人それぞれのため、
医師などに相談するか、休肝日を作るなどして、しっかりと
調整するようにしましょう。

 

 

喫煙

 

実は神経痛と喫煙には深い関係があり、喫煙者と非喫煙者では
神経痛の発症率が異なることが統計的にデータであげられています。

 

特に喫煙歴が長い方や、ヘビースモーカー、チェーンスモーカーなど
は注意が必要です。

 

喫煙が神経痛に影響する原因としては、まずタバコを吸うことで
血管が収縮し、血のめぐりが悪くなるためです。

 

血行不良により、酸素や必要な栄養素が体の隅々まで行き届かず、
代謝が悪くなってしまい、疲労物質なども溜まりやすくなります。

 

また含まれるニコチンにより、椎間板の弾力性が失われることも
わかってきており、坐骨神経痛などのリスクが高まるとされています。

 

禁煙により、腰痛や坐骨神経痛が緩和される可能性もあると
されています。

 

 

運動

 

体の柔軟性や程よい筋肉をつけることは神経痛予防に非常に効果が
あります。

 

逆に激しい運動は、関節痛や神経痛を引き起こす要因となるので
じっくりと時間をかけたゆるやかな運動やストレッチが有効だと
されています。

 

腹筋や背筋をつけておくことは、正しい姿勢を保ち、
神経を圧迫しないようにするためにも重要なポイントなので、
姿勢を正してウォーキングすることなどがおすすめです。

 

 

食事

 

神経痛の予防や緩和に効果のあるものとしては、ビタミンB群や
血行を促進し体をあたためる働きのあるしょうがやニンニクなどが
おすすめだと言われています。

 

他にも、コンドロイチンやグルコサミンなど関節痛予防にも
効果のある成分が神経痛の痛みの緩和にも効果があるとされています。

 

これらは年齢を重ねることで減少しやすい成分なので、
食事やサプリメントなどでしっかり補給しましょう。

 

 

神経痛 薬 ランキング

関連ページ

神経痛の原因とは?関節痛とはどう違うの?
辛い神経痛、一体なぜ発症するのでしょうか?神経痛の原因について詳しくご紹介しています。また神経痛と関節痛の違いについてもご紹介しています。
神経痛を改善するために出来ることは?治療法について
神経痛は発症する前に予防したいものです。しかし、もし神経痛になってしまったらどうやって改善すればいいのでしょうか?神経痛の改善方法について詳しくご紹介しています。